効率を考えなければなりません

ギャクエンは男の夢です。

セックスをしてお小遣いがもらえるのですから。

恋人いない歴何年でセックスで苦労している人と比べたら雲泥の差です。

こんなことが実現できるのもギャクエンサイトがあるお蔭です。

とにかく、登録しない事には何も始まりません。

ここで、気に入った女性を見つけてメールでアプローチします。

その、アプローチが功を奏して女性に気に入ってもらえたら、あとはデートの約束をするだけです。

約束をしてからデートの日までは、それはそれは待ち遠しいものです。

でも、こんな気持ちも最初だけかもしれません。

慣れてくると、もう、落ち着いたもので本当に出勤するのと同じ気持ちかもしれません。

慣れてきてギャクエン関係の人が増えてくると、やっぱり人間ですから飽きもするし疲れもします。

こうなると、。

ギャクエンの効率というのはどういうことでしょうか?

要は、一回のデートのお小遣いをたくさんもらって、デートの回数を減らそうということなんです。

長続きさせるためには効率をあげて少しでも楽をしなければいけません。

なにしろ、ギャクエンの資源は身一つですから。

後は想像で補うしか手立てはありませんでした

セックスのおかずを考えた時に昔の定番はエロ本でした。しかし今ではエロ本よりもセックス動画の方が定番になりつつあるでしょう。

ではセックス動画が選ばれる要因はなんでしょうか?まずなんといってもエロ本とセックス動画の違いは臨場感です。エロ本の場合は写真ですから

刺激は視覚からしかありません。それも静止画です。ですから、。

しかしセックス動画なら視覚だけじゃなく聴覚も同時に刺激されます。セックスの最中の音や喘ぎ声なども興奮をもたらすでしょう。

そして視覚も静止画ではなく動画ですから愛撫から挿入までのセックスの一連の流れを見る事が出来ますから、想像では補えない部分まで

明確に見られるわけです。どっちが興奮するかなんて比較するまでもないですよね。

そしてセックス動画はとても手軽に手に入る点が魅力的です。エロ本は書店で購入しなければいけません。

しかも刺激的な内容のエロ本なら18禁になっていて高校生なら手に入れにくかったはずです。当然周囲の人の目も気になりますし

購入後に家族にバレないようにどこに隠すか隠し場所も考えなければいけませんでした。しかし、セックス動画なら家にいて誰の目も気にせずに

ダウンロードする事が可能です。パソコンにパスワードを設定しておけば勝手に見られる心配もありませんよね。

それにセックス動画は値段もとても安価です。それでいて種類は豊富でそれまで一定のジャンルの中からしか選ぶ事が出来なくて

妥協していた人でもセックス動画なら自分の好みに合ったセックス動画が必ず見つかるでしょう。

エロ本の袋とじをあけるワクワク感もアナログな感じでいいのですが、やっぱり時代はもうセックス動画の時代ですよね。

公衆電話で付き合っている相手の自宅に電話して父親が出て緊張した・・・・という体験を携帯世代の若者が体験した事がないように

そのうちアダルトDVDをレンタルショップで借りるのが恥ずかしかったなんて感覚を知らない世代が出現してきそうですね。

負の連鎖というやつ

俺は何で人が(女が)AV女優になるか分かったような気がする。

人は、誰もがお金を楽して稼ぎたいものなのである。

人はアルバイgトをして、給料をもらってもすぐに使ってしまう。

物欲を刺激されて生きる上で要らない物を次から次へと…。

そして誰もがこう望むはずである。

「もっとお金があれば…。」

だから人は誰もがAV女優や金の儲かる犯罪に手を染める可能性がある。

自分の全ての欲(もちろん無料で出来るセックス)と時間があれば

お金を貯めることが可能。

どんな儲け話でも元手は必要。

俺が言いたいのは、AV女優などしてしまって

もし、売れてしまって、

見たことのない現金が自分のもとに来たらどうするだろうか。

最初、「何かの元手を貯めるんだ!」

と意気込んでいても、

現金を自分の目で見たら

理性が飛んでしまうぞ?

お金が貯まっているのに、利益に目がくらんで簡単に辞められるわけがない。

これが、。

利益の問題に巻き込まれないためにもAV女優と言う分野には手を出すべきではない。

何がセックスだ?

何が楽だ?

何が商売だ?

人間が全ての欲を捨て去ることが出来るのなら、

元手なんかすぐに貯まる。

そして、新たな商売の方法が見えてくるはず。

もっと他の方法を考えてみるべきである。

線引きがあるんです

 くだらねえ。くだらねえよ。

女ってなんでブラジャーやビキニを着て乳房を隠そうとするんだ?

ぶっちゃけ隠さなくても、同じ人なんだから、付いてるものは大体は想像出来る。

セックスで俺は見飽きてしまった。

にもかかわらず、女は隠して…。

くだらねえ。

 知ってる?二の腕の柔らかさって乳房の柔らかさと比例してるんだって。

二の腕を触るのは、乳房を触ることと同じこと。

二の腕はもう乳房と同じ。

でも、女は二の腕は隠すことなく露出して歩いて…。

もう乳房を出しながら歩いてるのと同じですよ!

二の腕にほくろがある人は乳首としか思えません!

 そうなんです!言いたいことは、二の腕にもブラジャーを付けろということです!

隠すところはそこだけじゃない!

もっと他にもあるだろ!

気付けよ!と言いたいのです。

 でも、二の腕にブラジャーをして街を歩く女子は表れないでしょう。

女って自分にしかわからない、。

「これは良いけど、これは駄目!」みたいな?

「セロリは良いけど、パセリは駄目!」みたいな?

「二の腕は良いけど、乳房は駄目!」という概念にとらわれているだけなのです!

概念に自分が縛られるのは良くない。

それは自分の行動が制約されている原因になっているかも知れないから。

だから、女子は明日から、乳房を隠さないこと!